こんにちは、健太です。

 

今回はツイッターツールの宿命といいますか、

避けては通れない“欠点”に注目して

お話をしていきたいと思います。

 

それは、『ツイッターアカウントの凍結』です。

 

さまざまなツイッターツールの凍結率を

検証しているサイトも多いですが、

ツイッターブレイン(Twitter Brain)を使用する上での

凍結率については、どなたもあまり触れていませんね。

 

では早速、ツイッターブレイン(Twitter Brain)の

凍結率についてレビューしていきたいと思います。

 

ツイッターブレイン(Twitter Brain)の概要

 ■販売ページ
  ツイッターブレイン(Twitter Brain)特別価格
  ツイッターブレイン(Twitter Brain)通常価格

 ■販売者
  ・株式会社イーブックジャパン、佐藤潤、宇崎恵吾

 ■特定商法表記
  ・株式会社イーブックジャパン
  ・佐藤潤
  ・埼玉県志木市幸町1丁目6番58号104

 

まず、結論から申し上げます。

 

正直言って、ツイッターブレイン(Twitter Brain)の凍結率は

「フォローマティックXY」「フォローブースターPRO」といった

従来までのツイッターツールと さほど大差はありません。

 

この事実に、ガッカリされた方もいるかと思いますが

その理由を具体的にお話しますので

ツイッターアフィリを行う上での最低限の知識として

読み進めてみてください。

 

まず、ツイッターツールを使用することによって

『ツイッターアカウントの凍結』という事態を

招いてしまう理由はツイッター自体の仕組みにあります。

 

ツイッターではフォロワー数が1000人を超えた時点

そのフォロワー数の1.1倍までしか

フォローをしてはいけないという「暗黙のルール」があります。

 

ですから、フォロワー数が1000人であれば、

あなたがフォローできるのは1100人までということです。

 

また、フォロワー数がそれよりも増えない場合は、

既存のフォローユーザーを自分自身で解除し、

再度、他のユーザーをフォローしていくしかないのです。

 

どれだけ高性能なツールを使ったとしても

その数字を超えることは出来ないため

こういった問題が発生してしまうというわけです。

 

こういったことから「フォロー&アンフォロー」機能は制限がある以上、

どのツールなら凍結になるまでの寿命が長いのか?といった

それまでのスピードを比較できないのが現状なわけです。

 

さらに、凍結率についての要因は他にもあります。

 

それはツールの『使用方法』です。

 

どのツイッターツールでも最初は

“相互フォロー”というキーワードで、相互フォローをしてくれる

ユーザーのみを対象としてフォロワーをコツコツと

増やしていくことを推奨しています。

 

実際、この方法で行っていれば基本的に凍結されることはありません

 

また、ツイッターを利用する上での基本ですが

アカウントが凍結される16個の理由(行為)を紹介しておきたいと思います。

 

 1.アカウントの大量作成
 2.6ヶ月以上活動の無いアカウント
 3.短時間の間に大量のフォローをする行為
 4.短時間の間に大量のアンフォローをする行為
 5.多くのユーザーからブロック、スパム報告された場合
 6.ツイート内容がリンクばかりで、個人的なつぶやきではない場合
 7.つぶやきと直接関係がないハッシュタグの利用
 8.アカウント名を売買目的で取得する場合
 9.ダイレクトメッセージの過剰送信
 10.フォローの数に反して、フォロワーの数が著しく少ない場合
 11.詐欺や犯罪に関わるようなこと
 12.同じ内容のReply(@返信)をたくさん行った場合
 13.背景やアイコンがポルノ画像
 14.出所をはっきりさせずに、他のユーザーのコンテンツを再投稿した場合
 15.複数アカウントでの多重投稿
 16.誹謗中傷・個人情報漏洩させる行為

 

 

極端に言えば、こういったルールを守っていれば

アカウントを凍結させられる心配はありません。

 

また、凍結に関しては実は簡単にアカウントを

復活させることができます。

 

一時的に、フォロー、フォロワー数が0になりますが

しばらくすると元にもどります。

 

実質、私も過去に数回凍結されたことがありましたが

問題なくアカウントを復活できています。

 

ただ、凍結⇒復活⇒凍結⇒復活 といった

やりとりをあまりにも多く行いすぎると

アカウントの削除というペナルティが課せられる

という話を聞いたことがあります。

 

実際、私も経験したことがありませんし

私の周りでツイッターアフィリをやっているアフィリエイターも

削除をされた人間は一人もいません。

 

ネットで検索しても、ツイッターアカウント削除に関する

有益な情報は得られないので、

ただの噂かもしれませんが、

とにかくよほど規定から大きく違反しなければ問題ないということです。

 

こういったことから、私の個人的な意見として

ツイッターアカウントの『凍結率』を重視するよりも

より無駄な作業をショートカットし、

より効率的にキャッシュポイントへ繋げることが可能な

ツールを選択するべきだと思います。

 

そういう意味も含めて、高精度の“リサーチ型BOT”

搭載しているツイッターブレイン(Twitter Brain)は

今後のツイッターアフィリ市場で

「フォローマティックXY」「フォローブースターPRO」以上の

高い評価を与えることができるツールであると言えますね。

 

本日の記事はこれで以上になります。

 

ツイッターブレイン(Twitter Brain)について

疑問や質問とうは、以下の問い合わせフォームから

メールを頂ければ私、健太が回答させて頂きます。

 

≪問い合わせフォームはこちら≫

 

 

ツイッターブレイン(Twitter Brain)の概要

 ■販売ページ
  ツイッターブレイン(Twitter Brain)特別価格
  ツイッターブレイン(Twitter Brain)通常価格

 ■販売者
  ・株式会社イーブックジャパン、佐藤潤、宇崎恵吾

 ■特定商法表記
  ・株式会社イーブックジャパン
  ・佐藤潤
  ・埼玉県志木市幸町1丁目6番58号104